top of page

海外製カーボンパーツについて

全部のメーカーがダメというわけではないですが、中国製品のカーボンパーツは精度が悪くなっている気がします。


外装のエアロパーツはチリ合わせ、加工前提で取り付けるのですが(これは海外製パーツ全般)内装パーツとか細かいパーツは自分の車にも取付しているので取り付けも大丈夫だろうと思っていたのですが、金型の劣化とか職人の方の細かさにもよると思いますが、

ちゃんと選別したつもりでも全部加工、クリア塗装が必要だと再確認しました。


ですので、基本的には届いた製品はフィッティングして加工して、クリア塗装という手間をかけておこうかと思います。安く出していたので価格もその分あがってしまいますけど。

基本的には来社して取付していただくことが前提にしようかと思います。


こちらのドアハンドルカバーはカットが大きくなりすぎてドアが開かないことが判明して返品に。元々は問題なかったのですが💦

サイズをカットしてクリア塗装します。

こちらはドリンクホルダーのカーボンカバーです

合わせてみるとサイズは大丈夫でした。

クリア塗装して磨きます

ドアハンドルカバーは元々装着していたものはクリア剥がれが出てきたので、合わせてクリア塗装です。サイズを調整したもののほうがカーボンの出来はよかったので取り替えして装着しました笑


こちらは修正してフィッティングも合わせてきていますが、通販はやめて現地での販売としたいと思います。


bottom of page