R35 GT-Rの気になるパーツ

東京オートサロンと大阪オートメッセのブリッツのブースにあった、R35 GT-Rのポン付けパーツ。ブリッツのポン付けタービンです。

R35 GT-RのIHI製純正タービンをベースに、専用設計したコンプレッサーホイールを組み合わせ、パワーアップしているとのこと。

ダイキャスト製の削り出し。純正よりもサイズアップしながら軽量化も実現。標準グレードから約20〜25%、GT-R NISMOでも10〜15%出力が上がるようです。

700psくらいまで対応で、価格は80万くらいになるようです。

純正NISMOタービンは2基で160万円くらい、ヤフオクで90万くらい。

結局のところインジェクター変えたり、燃料ポンプ交換したり、ECU現調したりで費用かかりますがなかなか気になるパーツです。

発売は4月予定らしいです。どなたかいかがでしょうか?




  • Instagramアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2017  littleGarage