TOKYO AUTO SALON 2020

本日から TOKYO AUTO SALON 2020が開催されましたね、毎年盛況ですが、今年も盛り上がること間違いなしです。

今年はR35 GT-Rの数は少なくなりスープラが多く出展されましたね。スープラを見に来た感じでした。


カーボン素材はフォージドカーボンのパーツも多かった気がします。

そして、AUTO SALON内で、SUPER GTのドライバーも発表されましたね。

日産/NISMOでは、GT500のみでしたが

23号車は、松田次生選手/ロニー・クインタレッリ選手で変更なし

3号車は、平手晃平選手/千代勝正選手で千代さん戻ってイケメンコンビ

12号車は、佐々木大樹選手/平峰一貴選手で、平峰選手がGT300からステップアップ

24号車は、高星明誠選手/ヤン・マーデンボロー選手で変わらずでした。

それからSUPER GTのレーススケジュールも出されていました。

富士が1回になってます。その代わりに海外が追加。ちょっと寂しいところです。

他にはシビックTYPE Rがマイナーチェンジするのですがワールドプレミアで展示されていました。フロント、リアのダクト部分が変わってますね。


アストンマーチンではDBXが公開

アメリカでバカ売れのコルベットC8の日本公開

これは安いし、なかなかよいです。今申し込んで来年の春くらいの納車だそうです。

AMG A45S

グッドスマイルの今年バージョンカラーリング

R35 GT-R系はTOPSECRETさんで新型のフェンダーとか。

他にもR35 GT-Rを。あ、NSXのGT車両が混ざってしまいました💦

物凄い排気系

こわ。

最後にエニーインターナショナルさんからエアロパーツを保護するパーツの話を聞いて、取り扱うことにしました。またご紹介します。



  • Instagramアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2017  littleGarage