top of page

OBDII 利用したAndroidインターフェースでのメーター表示

ELM327miniを利用してどこまで取得可能かテストしてみました。

AndroidインターフェースはAndroidアプリケーションはインストール可能ですので、R35 GT-Rだと付属のメーター機能代わりになることを狙っています。

アプリケーションはTORQUEの有償版でテストです。


メーターそのものはテーマを選択できるプラグインもあるのでこんな画面にもできます

今回インストールしたTORQUEのプラグイン一覧です。

テーマ一覧です。選択するとTORQUEでテーマが利用可能になります

動作テストをしたのですが、特に問題なく接続は完了しました。

問題は何が取得可能かどうかですが、ECUTECKのECU CONNECTの場合はR35 GT-Rで必要なものは取得可能でしたが、ELM327では標準で取得できるものとできないものがあります。

今回拡張PIDのスキャンもしたのですが、OBDからの取得で見当たらない感じなのは、

・エンジンオイル温度

・エンジンオイルプレッシャー

・トランスミッションオイルプレッシャー

トランスミッションオイル温度は拡張から取得できました。

きちんと設定してあげないといけないのか、OBDアダプターが原因かなと思います。

画像はautoスキャンの結果で、フルスキャンではないです。


走行テストもしたのですが、どうもリアルタイム性に欠けるので、OBDアダプターはELM327ではなく、OBDLink MX+が良さそうとの結論です。

※OBDLink CXでもよいかと思いますけど、テスト次第

下の画面はベンチマークです。ELM327miniは全然ダメですね。

こちらは、他のアプリでのメーターです。いい感じのメーターですね。



検証はまだ続きますが、使用に問題なさそうというところまではきましたね。

テスラタイプのandroidインターフェースでもそれなりに使えそうです。





Comments


bottom of page